がん保険の死亡給付金について

がん保険で注意しないといけないことが幾つかあります。
その中の一つとして、死亡給付金があります。

もちろん、がんが治ることが一番良いことではありますが、それでもがんの死亡率は非常に高く、死亡給付金のことを考えておくに越したことはありません。
ですので、がん保険に加入の際はは、この死亡給付金も少し考えないといけないので注意しましょう。

場合によってはがん保険ではなく、他の保険などを利用したほうが良いこともあります。

そもそもがん保険と言うのは、がんを治療するために入院や治療費などにするための保険ですので、死亡給付金はそもそもそこまで対応していません。
死亡給付金が発生することがありますが、対応があまりしていないため10万円や多くても100万円という金額しか給付金が出ないことがありますので注意しましょう。

保険によっては、死亡給付金が無いこともありますので、もしも必要なら終身保険や定期保険などにすることをおすすめします。

そのため、わざわざがん保険でするよりも他の保険などを使用したほうが良い場合があります。
がん保険はあくまでも治療など目的に考えて使うのが良いでしょう。

ちなみに、がん保険での死亡給付金はあくまでもがんでのみということがあります。それ以外の死亡は適応されないこともありますので注意です。キレイモキャンペーン